ステーキ用に成形する際、切り落とす部分も結構な量になります。 形をそろえるために、面の小さい部分はそぎ落とす必要があるからです。 そこでそんな部分をコロコロステーキにしてもらいました。 飛騨牛のヒレ肉ですからお味はお墨付き。カットの手間もないですし、1つ1つ丁寧に焼く作業も楽しいです。
フライパンでサッと焼いてお楽しみください。チャーハンもよいです。強火で表面を炒めておいて、ガーリックとネギを炒めて作ったチャーハンに炒めたヒレ肉の切り落としを戻して、強火で炒め、仕上げに刻み細ネギをたっぷり入れ香り付けに醤油をひと垂らしで極上チャーハンの完成!サラダのトッピングでもよいです。多めの油で揚げ焼きしたものを「クルトン」のような感覚で生野菜のサラダにのせて、お好みのドレッシングでどうぞ。