出荷頭数が少ない上にほとんどが地元で消費されるので希少価値が高く『幻の牛』とまで言われています。 全国的にも珍しい生体取引なので当店で脱骨、解体、熟成まで管理しております。
サシが入りすぎていないのでギトギトした脂感が無く、その芳醇な香りの力強い赤身、鮮やかな霜降り、そしてとろけるような柔らかさから『肉の横綱』とも言われています。